有責配偶者ながらも離婚できたケース - 解決実績 - 離婚、不倫・不貞慰謝料に強い弁護士|港区 東京桜の森法律事務所

解決実績

Cases

有責配偶者ながらも離婚できたケース

【御依頼前】
御依頼者様は婚姻期間中でありながら他の第三者の方と不倫をしてしまいましたが、それでも相手方配偶者との離婚を希望されていました。しかしながら、御依頼者様は有責配偶者であることを相手方配偶者から主張され離婚には一切応じられないと回答をされていました。

【御依頼後】
相手方配偶者に対し、粘り強く交渉をした結果、頑なに離婚を固辞していた相手方配偶者の態度が軟化し、条件次第で離婚に応じていただけることになり、最終的には離婚するに至りました。

ジャンル

有責配偶者、離婚

契約類型

代理人交渉

年齢

30代

性別

男性

お問い合わせ

Contact
初回相談は60分無料。電話、オンライン相談にも対応しております。
お電話、メールフォーム、LINEよりお気軽にお問い合わせください。
(お問合せ受付時間:24時間365日受付中)

TEL050-1720-4739

FAX050-6883-9657