離婚後の不貞慰謝料請求訴訟において、150万円以上の慰謝料請求が認められたケース - 解決実績 - 離婚、不倫・不貞慰謝料に強い弁護士|港区 東京桜の森法律事務所

解決実績

Cases

離婚後の不貞慰謝料請求訴訟において、150万円以上の慰謝料請求が認められたケース

【御依頼前】
御依頼者様は既に離婚されていましたが、婚姻中に他方配偶者が第三者と不貞を行っていたとのことで、離婚後の不貞慰謝料請求を希望されていました。

【御依頼後】
本件の争点は多岐にわたりましたが、中心となる点は、配偶者の不貞が婚姻関係破綻後のものかどうか、離婚時の財産分与で実質的に慰謝料を受け取ったかどうかという点でした。当方としては、前者については、多数の家族写真を中心として婚姻関係が破綻していなかったこと、後者については数字によって財産分与以上の金額が含まれていないことを主張、立証しました。そうしたところ、判決では当方の主張が採用され、150万円以上の慰謝料請求が認められました。

ジャンル

不貞慰謝料

契約類型

訴訟

年齢

40代

性別

男性

お問い合わせ

Contact
初回相談は60分無料。電話、オンライン相談にも対応しております。
お電話、メールフォーム、LINEよりお気軽にお問い合わせください。
(お問合せ受付時間:24時間365日受付中)

TEL050-1720-4739

FAX050-6883-9657